最新記事


カテゴリ


プロフィール

ラバンバ

Author:ラバンバ
以前は特に蕎麦に関心はなかったのですが、歳とともに蕎麦に目覚めつつあります。今年もできるだけ多くの蕎麦屋に行くぞ!


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


FC2カウンター


フリーエリア


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸蕎麦匠 庄之助 肴町 長寿庵(東京・本駒込)

家庭の事情で、ずいぶん長く蕎麦屋に行けなかったのですが、今日、新しい店に行って来ました。

東京の本駒込にある、「江戸蕎麦匠 庄之助 肴町 長寿庵」という店です。

tyoujyu01.jpg

tyoujyu02.jpg

 長寿庵という名前の蕎麦屋は300店余りもあるそうですが、元たどると、赤穂浪士討ち入りの年に三河の国蒲郡から江戸にやって来た惣七という人が開いた長寿庵が始まりと言うことです。たいそうな歴史を持つわけですが、現在の長寿庵はそこから分かれて、それぞれ異なった味になっていったということです。

 店構えは和風の中にモダンな雰囲気があり、なかなかしゃれています。
 店内は、和食の料理屋か高級居酒屋といった感じで、なかなか落ち着けます。
 ただ、最近の蕎麦屋は内装にもかなり凝っていい雰囲気を出していることが多いのですが、そこまではいっていません。

続きを読む »

スポンサーサイト

熱海 利久庵(静岡県・熱海市)

 先日、熱海に行ったときに見つけたのがこの利久庵です。外観からしてなかんか良さそうな雰囲気があったので、次に熱海に行ったら行ってみようと思っていました。

rikyu01.jpg

 場所は熱海駅から町の中心に向かって徒歩で15分くらいのところ。熱海銀座という商店街の中にあります。観光客の多い町は、格好だけで内容はお粗末という店が多いので注意が必要です。しかし、利久庵のように観光客が多い場所ではなく、地元で生活する人が多いところにある店は比較的安心できます。

 外観は、最近はやりの和モダンの料理屋ですが、太い木の梁を使ったデザインがいかにも蕎麦屋という雰囲気を出しています。
 蕎麦の実は福島や北海道産などを使っており自家製粉ということです。その日の蕎麦がどこの産かを店の外に表示しています。こういう表示をする店が、最近は増えていますね。
 店内に入ると、黒塗りの格子造りのついたてを壁にして間仕切りし、ダウンライトで照明された、しゃれた雰囲気の通路があります。それほど広い店でもないのに、こういう贅沢な空間を設けているのは店主のこだわりでしょうが、「なかなかやるな」という感じです。

rikyu012.jpg
歩きながら撮影したのでボケました。

続きを読む »

そば処 桔梗家(東京・練馬区)

 ゴールデンウイークには、ゆったりとした店でのんびり蕎麦を楽しみたいと思い、かねてから行きたいと思っていた、練馬区の光が丘にある桔梗家を訪ねてみました。
 地下鉄大江戸線の光が丘駅から歩くこと10分ほど。バス道路から路地に入るとすぐ左手に白い大きな蔵を模した光が丘美術館が見えます。

kikyou01.jpg

 この光が丘美術館と桔梗家は同じ経営者ということで、1200坪もの敷地に美術館、蕎麦屋、陶芸工房の3つを建てたのです。桔梗家は美術館の前を抜けて裏手に入っていくとあります。

kikyou02.jpg

 建物は埼玉県小川町の養蚕農家を移築したものということで、文化財級の伝統的な日本家屋です。この建物を見ただけで、何かわくわくするものを感じました。


続きを読む »

爽風庵 槙(東京・板橋区)

 今回も板橋区の蕎麦屋の紹介です。
 蕎麦の本などを見ても板橋の蕎麦屋はあまり紹介されていませんが、探すとけっこういい店があるのです。
 今回は、東武東上線の東武練馬と都営三田線の高島平の中間くらいのところにある「爽風庵 槙」という店です。

maki01.jpg

 この辺は、交通の便が悪いのですが、東京に残る片田舎という風情がある地域です。
 ここには、旧粕谷家という江戸時代後期の典型的な農家が残されています。区内に残る2軒の藁葺き家屋の1つで、もとの場所にあるのはここだけということで区の文化財に指定されています。

maki02.jpg


 この旧粕谷家の敷地内に、1963年に平屋を建築して蕎麦屋にしたのが「爽風庵 槙」です。
 私たちは、ゴールデンウイークのまっただ中、昼過ぎに東武電車で出かけました。
 紅梅山安楽寺というお寺がすぐ近くにあり、周辺には昔ながらの旧家や豪農といった感じの古い家が多く、緑も多いため、散歩がてら歩いているだけでもたのしくなる場所です。

 

続きを読む »

浅野屋(東京・板橋)

 今回も板橋の蕎麦屋を紹介します。この店は、3代続く下町の蕎麦屋ということですが、モダン和風の店作りを行っていて、外観からは、こだわった蕎麦を出してくれそうな雰囲気があります。

asa01.jpg


 場所は池袋から出ている東武東上線の大山駅から徒歩10分くらい。都立豊島病院という大きな病院のすぐ横にある。比較的わかりやすい場所です。

 ただ、人気店というわけではないので、いつもお客は少ないのです。それはいいのですが、最初は、お客がいないので入るのがためらわれました。
  はっきりいって、最初は料理にもそばにもまったく期待していませんでした。ところが、これが意外にいい店だったのです。


続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。