最新記事


カテゴリ


プロフィール

ラバンバ

Author:ラバンバ
以前は特に蕎麦に関心はなかったのですが、歳とともに蕎麦に目覚めつつあります。今年もできるだけ多くの蕎麦屋に行くぞ!


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


FC2カウンター


フリーエリア


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱海 利久庵(静岡県・熱海市)

 先日、熱海に行ったときに見つけたのがこの利久庵です。外観からしてなかんか良さそうな雰囲気があったので、次に熱海に行ったら行ってみようと思っていました。

rikyu01.jpg

 場所は熱海駅から町の中心に向かって徒歩で15分くらいのところ。熱海銀座という商店街の中にあります。観光客の多い町は、格好だけで内容はお粗末という店が多いので注意が必要です。しかし、利久庵のように観光客が多い場所ではなく、地元で生活する人が多いところにある店は比較的安心できます。

 外観は、最近はやりの和モダンの料理屋ですが、太い木の梁を使ったデザインがいかにも蕎麦屋という雰囲気を出しています。
 蕎麦の実は福島や北海道産などを使っており自家製粉ということです。その日の蕎麦がどこの産かを店の外に表示しています。こういう表示をする店が、最近は増えていますね。
 店内に入ると、黒塗りの格子造りのついたてを壁にして間仕切りし、ダウンライトで照明された、しゃれた雰囲気の通路があります。それほど広い店でもないのに、こういう贅沢な空間を設けているのは店主のこだわりでしょうが、「なかなかやるな」という感じです。

rikyu012.jpg
歩きながら撮影したのでボケました。

 席は4人がけテーブル席が4つ、6から7人座れるカウンター、それと6人ほど入れる小上がりが2席あるようです(小上がりについては確認していません)。
 店内の雰囲気も洗練された和モダンです。天井を見ると、黒塗りの太い梁が通っており古民家の雰囲気を演出しています。壁には額に入った墨絵がかけてあり、落ち着いた大人の隠れ家的風情が漂っています。
 こういう感じですから、蕎麦だけで済ますのはもったいない。日本酒や焼酎も種類は多くないものの、こだわりの銘柄をそろえていますから、酒好きにもいい店です。たとえば、浦霞、真澄、八海山など、1合800円前後です。

 まず、浦霞で一杯やりながら、そば味噌(320円)と味噌漬け豆腐(530円)を注文しました。

rikyu03.jpg

rikyu02.jpg

 いずれも、猪口のような入れ物に3つに分けて入っています。そば味噌はそばの実と甘辛の味噌を合わせたもので、そばの実の触感が命のそば前です。これは、まあ、普通です。私はあまり固いのが好きではないので、そばの実の固さが気になりました。

 次に味噌漬け豆腐を食べてみました。これはおいしいです。なんでも、もろみに5カ月間豆腐を漬け込んで作るそうですが、まるでチーズのような食感です。味はチーズとは異なるのですが、同じような発酵食品のまろやかさと豆腐ともろみが一体となった独特の風味が口いっぱいに広がり、たまりません。こういうつまみがあると酒がどんどん進んでしまいます。

rikyu04.jpg

 次に、この店のお勧めである桜海老のかき揚げ(940円)を注文しました。ここには生の桜海老もあります。
 桜海老は駿河湾でとれるのですが、新鮮なものは本当においしいです。

rikyu05.jpg

 写真のように生の桜海老をを使ったかき揚げにサツマイモとシメジのてんぷらがつきます。タレではなく塩で食べるのも気が利いています。
 これはもう、見ただけでサクサクでおいしいのがわかるほどです。実際、塩で食べると桜海老の風味と香ばしさが引き立っておいしいです。酒のつまみにはもってこいです。

 いよいよ、せいろ(680円)を頼むことにしました。ここまでは、ほぼ言うことなしで、蕎麦に期待が高まります。

rikyu06.jpg

 出てきた蕎麦は、緑がかった色をしていました。こういうきれいな蕎麦にはなかなかお目にかかれません。幅は1ミリくらいの細めで非常に上品な感じです。口に含んで噛んでみると、適度なコシがありながら、喉越しのよさを邪魔しません。また、甘みを押さえた蕎麦ツユの上品な味が蕎麦の甘みを引き出してくれます。蕎麦はツユが命とよく言いますが、このツユはそれが本当だと思わせます。
 お品書きにも書いてあるのですが、店主はツユ作りにも相当にこだわっているようです。

rikyu07.jpg

 酒のせいもあっていい気分になりました。最後に蕎麦湯を頼みました。かなり濃いいい蕎麦湯で、何杯も飲みたくなります。価格も全体的にリーズナブルで、かなりいいです。

 ただ、ちょっと気になったのが、店員の対応です。注文を忘れたりして、二度言わないと持ってこないことがあったのです。店が混んでいれば仕方ないのですが、平日の1時過ぎで、それほど客は多くなく、対応が大変というわけではないはずです。
 店主は気を使ってくれているようで、彼に言うとすぐに恐縮して対応してくれたのですが、その思いはなかなか雇った店員には伝わらないということでしょうか。これを店主の責任といえるかどうか難しいのですが、せっかくいい店なのに、客にとっては残念なことです。
 また、営業時間が午後4時までで、蕎麦がなくなりしだい営業終了というのも、酒好きには残念です。

評価:★★★★★が満点(*は星半分)

 店の雰囲気 ★★★★
 蕎麦の味  ★★★★
 他の料理  ★★★ 
 店員の応対 ★★
 価格     ★★★*
 総合評価  ★★★*
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2009-08-21 15:35 # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://lavanva.blog23.fc2.com/tb.php/14-1c716fe3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。